Skip to content

ワッシャー、入れ忘れていませんか

ワッシャーはJIS規格では座金と呼ばれる、一般的に真ん中に丸い穴の開いた円盤で、ボルトとナットで締め付ける際に、滑りを良くしたり、ナットの緩み止め、座面の保護等を目的としてボルトやナットと締結する部材の間に挟み込んで使う物です。

最も一般的な平座金は、組み合わせるボルトやナットに合わせて、規格で外径、内径、厚みの各寸法が定められています。平座金は、組み合わせるボルトやナットと同じ金属が用いられる事が多いですが、絶縁目的で使われるベークライト製やプラスチック製、振動を嫌う機器を締結する時に使うゴム製など、特殊な材質も存在します。

また、形状においても、一般的な平座金の他に、バネ状にひねった形のばね座金、歯車のような形状の歯付き座金などが存在します。この2つは、緩み止めのために用いられますが、完全に締めてしまうと緩み止めの効果が失われるので、締め付けの際は注意が必要です。同じく緩み止めを目的とした物に、波ワッシャーがあります。

これはベアリングにテンションを掛ける事によって、異音や振動を防ぐ目的で使われます。丸くない座金としては、断面に傾斜がついた四角い板状のテーパーワッシャーがあります。締結する部材の外形が平行ではない場合に用いられます。化粧座金と呼ばれる皿ネジと合わせて使う美観に主眼をおいたワッシャーも存在します。

身近な例では自動車のナンバープレートのいたずら防止ねじに使われています。いたずら防止目的以外にも、ステンレス製でナンバープレートにサビの茶色いシミが付かなくなるので、ドレスアップ目的でもお薦めします。ただし軽自動車以外の自動車は、封印を外すと法律に抵触するので、フロント側2本、リア側1本にとどめておきましょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です