Skip to content

ワッシャーの役割とは何か

ワッシャーとはナットとボルトを締める際に、被締結材とナットとの間に挟む薄い部品のことです。

座金(ざがね)と呼ばれることもあります。ワッシャーの代表格である平座金(ひらざがね)は、平らな円形状で真ん中に穴が開いており、使う際には被締結材(例えば木材)の上にワッシャーを置き、その上にナットを重ね、穴にボルトを通して締め付けます。部品として付属しているから何となく使っている、という方も多いかと思いますが、ワッシャーには大切な役割があります。

その役割とは被締結材を保護することです。ナットの座面積を大きくすることで、被締結材に対する面圧を小さくし、ナットの食い込みを防ぎます。食い込むことで座面が陥没すると、ナットが安定しないため緩みが生じる原因ともなります。被締結材を保護することで、ひいては、起きると大変な事故にもつながりかねないナットの緩みを防ぐことができます。

ワッシャーには様々な材質でできたものがあります。金属製のものや、樹脂製やゴム製ものもあります。樹脂製やゴム製のものは被締結材が柔らかい材質の場合や、電気を通さないように絶縁性が求められる場所に使われることが多くあります。また、ゴム製であれば摩擦力が高く、ナットの緩みを防ぐ効果が高いと期待されるため、そういった場合に選ばれるようです。

一方、金属製のものにもステンレス製やアルミ製、鉄製など様々ありますが、錆びに強いか、薬品に強いか、被締結材を傷つけないか等、使う場所や被締結材との相性を考慮した上でそこに合った材質のものが選ばれています。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です