Skip to content

ワッシャーの利用目的

ワッシャーはボルトとナットなどで金属を締め付ける時にボルトの頭、ナットの下に入れて部材とボルト、ナットの回転をふせぐために利用されます。

金属の薄い板状の部品になり、日本語ですと座金とも言われます。日本工業規格で決められており、ネジの径に対応して規格化されています。ワッシャーの利用用途としては、ナットやボルトの頭が固定面にめり込んだりするのを防止したり、座面を平面に安定させ、しっかりと部材と固定することを目的tとします。

また、ナット、ボルトが緩むことを防ぐためにも利用されます。一般的には金属製ですが、精密機器、電気機器などで利用されるケースですと、プラスチック、ゴムなどの材質が利用されたりします。このような材質で使われるワッシャーは固定はもちろんですが、部材の固定はもちろんですが防振、電気的な絶縁などを目的として利用されます。

また、わざと平面をつぶして機密性を上げることを目的として利用されるケースもあります。これはワッシャーというよりもガスケットと呼ばれるケースのほうが多いでしょう。形状についてはドーナツ型の平面ですが、平座金の一部を切断して、ねじることでばねの作用を持たせた座金もあります。

また、歯付き座金のように金属に食い込み緩みを防止する座金もあります。ワッシャーは部材の取り付け目的、用途で材質、形状が変わります。また、材質、固定部位により締め付ける力も違いますので用途により使い分けが必要になります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です