Skip to content

いろいろなワッシャー

ワッシャーという言葉が一般的ですが、以前は座金とも呼ばれており、年配の人ですと座金のほうが通用する人が多いかも知れません。

これは、ボルトの頭、ナットの下において、固着部と部材とのあいだをしっかり固定させたり、ボルト、ナットの緩みを防止するために利用されます。一般的に丸い金属の板状の形状ですが、その用途により形状、材質が違ったりもします。

ワッシャーは金属ですが、精密機械、金属部品を固定するときには、その材質をプラスティック、樹脂などに変えることもあります。それは部材の固定はもちろんですが、電気的な絶縁を目的として利用されたりします。プラスティックワッシャーとも言われたりします。

ワッシャーの形状は平面状の丸い形状ですが、一部を切断して、切り口をねじることでばねの作用を持たせたものもあります。ばね座金とも言われていますが、ばねの力を利用しますので、ボルト、ナットの緩み防止で利用されるが、ねじ込みの強度如何によってはナット、ボルトの破損だけでなく逆に緩んでしまうこともありますので注意が必要です。

平たい形状以外としては歯付き座金があります。座金の外側、内側に歯のような形状になっており、緩みを防止の役目を果たしています。他にも形状が波形になっていたり、球面の状態になっていたりするものもあります。

固定する部費、材質はもちろんですが、固定する位置などによって種類を変えないといけません。小さな部品ですが、間違えると大きなトラブルとなることもあります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です